新丸子の中華料理『萬福飯店』でランチ!名物・四川麻婆豆腐を食べてみた

新丸子駅西口から、徒歩約7分のところにある中華料理店『萬福飯店』でランチしてきました。

 

料理工房 萬福飯店

IMG_6124

まずは外観。新丸子駅西口を出て、『三ちゃん食堂』がある通りを一直線に日本医科大方面に歩いたところにあります。ちょうど通りの一番奥にありお店も目立つので、比較的わかりやすいと思います。

 

実はこのお店、新丸子・武蔵小杉エリアのグルメ本をはじめ、様々なメディアに掲載実績を持つ有名なお店

スクリーンショット 2016-03-08 15.14.21
[出展:amazon.co.jp]

四川麻婆豆腐が名物ということで、そのお味を試しにやってきた次第です。

 

店内の様子はこんな感じ。

IMG_6120

店内にはテーブル席しかありませんが、ひとりでの利用も大歓迎とのこと。事実、この日は2名でご来店の奧さま方を除き、全てお一人で来店しているお客様で賑わっていました。

 

店内の壁には、中華麺・丼を中心とした様々な中華メニューが掲げられています。

IMG_6123

この他、四川メニューやランチメニュー、定食メニューもあり、その日の気分に合わせた中華料理を楽しむことができます。

 

汗が止まらない…!四川麻婆豆腐定食をオーダー!

早速、名物メニューの四川麻婆豆腐定食を注文。待つこと約7分、ついにその四川麻婆豆腐定食がやってきました!

IMG_6121

おおお…見た目にも本格的な四川麻婆豆腐です。個人的に辛いものは好んで食べるほど好きなので、「どれほどのものだろう?」とますます期待が膨らみます。

 

早速頂いてみると…「うん、美味しい」というのが最初の感想。辛さは全然大丈夫で「思ったより辛くない」となったのですが…わずか30秒後には最初の感想が180度くつがえされることに。

ラー油と唐辛子、山椒がこれでもかというほど効いていて、お水がぶ飲み状態、汗だけでなく鼻水もダラダラでヒーヒー言いながら、なんとか完食することに成功しました。

食べている途中には、お店の奧さまに「辛いでしょ?ごはんのおかわりはいつでも言ってね。うふふ。」と優しく気を使っていただきました。

辛いものが大好きな僕でさえも「これは辛い」と半分涙目になってしまう四川麻婆豆腐…見た目通りの辛さですが、食後のすっきり感は他の食べ物にはないものがありますし、「また食べたい」となる中毒性のあるメニューです。

 

行ってきた感想

IMG_6122

名物メニューの四川麻婆豆腐は見た目のボリュームもあり、かな〜り辛いので、辛いものが苦手な方にとって完食することは難しいかもしれませんが…「辛いもの大好き」な方々にとっては絶対やみつきになる美味しさ!

辛いものが食べたい時に是非一度試していただきたいメニューです。

※辛いものが苦手は方は、四川メニュー以外のものをオーダーすることで本格中華料理を楽しむことができます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ