新丸子で美味しい!魚が食べれる定食屋『腹鼓(はらづつみ)』

新丸子駅から綱島街道方面へ約3分歩いたところにある定食屋さん『腹鼓(はらづつみ)』に行ってきました。

 

腹鼓(はらづつみ)

IMG_5754

まずは外観。新丸子駅からドトール方面へ進み『すためしどんどん』や『TSUTAYA』の横を過ぎ、『喫茶まりも』の角を左に入るとすぐあります。『Sui』という日本酒メインの居酒屋さんの隣です。

「昔ながらの…」という表現がぴったりな、昭和の雰囲気の佇まいのお店です。焼き魚専門の定食屋さんということで、ここに来るお客さんは全て「焼き魚」が目的ということになりますね。

 

早速中に入ってみると、テーブル席が5席あります(4人がけ3席、2人がけ2席)。5席のうち4席のテーブルがすでに埋まっていましたが、他のテーブルは全て1人でご来店のご様子。1人で来店されるお客さんが多いお店なのかもしれません。

空いていた4人がけテーブルに着席し、メニューを拝見。こちらがメインのメニューになります。

IMG_5756

メニューは全て焼き魚定食。「あじ」や「さんま」などの定番メニューの他、「あこう鯛」や「ささがれい」など専門店ならではのメニューも並びます。定食にはライス・味噌汁・お新香が付いており、価格帯は800円〜1000円とまあまあ良心的

 

裏側には、一品料理とお飲み物のメニューもあります。

IMG_5755

メニューからも昭和の匂いがしますね。個人的にはこのような年季の入ったお店は全く抵抗はありませんが、女性が一人で訪れるのは少し難しいかもしれません。

店内はBGMもなく静かなので、ワイワイ騒ぎながら食べるのも他のお客さんの迷惑になるかも。たとえ、迷惑にはならなくても会話は周りのお客さんに丸聞こえのはずなので、魚が食べたくなった時に一人で来るのが無難なような気がします。

 

さば定食

悩んだ結果、さば定食(850円)を頼みました。店内の黒板に書かれていた「おひたし(200円)」も同時に注文。

IMG_5757

待つこと約20分…とても美味しそうな焼き魚定食がやってきました!注文を受けてから魚を焼き始めるため、出来上がりまでに約15分〜20分かかるようですが、出来は良さそう。

魚とおひたしに醤油をかけ、早速食べてみると…さばは脂がのっていて食べ応え十分。とても美味しいです。お米はコシヒカリを使用、固さもちょうど良いです。

味噌汁もちゃんと出汁からとっておりアツアツ。「これぞ日本人が昔から食べていた食事だなあ」としみじみ日本の伝統を味わいながら完食となりました。

 

感想

「最大5組までしか入れない」「待ち時間がちょっとかかる」など残念な点はありますが、味は本当に美味しいです。味が良いだけにより一層「おしい」の気持ちが強まります。

1人で来店されるお客さんが多いお店のようなので、「少しテーブルの配置を変えればもっと多くのお客さんが来るのでは?」と思いましたが…感じの良い大将が一人で切り盛りされているご様子だったのでこのくらいでちょうど良いのかも。

一人でゆったり焼き魚定食を食べたい時におすすめのお店です。

 

腹鼓

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:定食・食堂 | 新丸子駅武蔵小杉駅沼部駅

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ